不眠症だった僕が眠るためにしているたった一つのこと。

 

ここ3年くらい不眠に悩まされ、睡眠導入剤睡眠薬のお世話になっていましたが、ここ数ヶ月は薬を飲まなくても眠れるようになってきました。

 

https://instagram.com/p/I0v_Ykib-j/

Instagram

 

この3年間は薬以外にも、眠るためにツボ押しや瞑想、青い光は見ないなど、いろいろな方法を試してみましたが、習慣を変えたり、方法を覚えたりするものはなかなか続きませんでした。

 

いろいろ試している時にツボ押しをすると少し眠りやすいことに気がつきました。

最初は安眠のツボを押していたのですが、なかなかツボの場所を憶えれずiPhoneの画面を見ながら押していました。

ただ、この方法だと眠る前に画面を見ることになるのと、どこのツボを押そうか考えると頭が活性化してしまうので、寝付くための方法としてはイマイチだなぁと思っていました。

 

布団に入ったらマッサージ

そこで、シンプルに布団に入ったらマッサージ。これだけをしてみることにしました。

効果は抜群で体も頭も気持ちよくリラックスでき、今までの不眠が嘘のように眠れるように成りました。

 

本当はツボなどを意識して揉むとより効果はあると思うのですが、腕や手、指、ふくらはぎの気持ち良いところを揉んでいると自然と眠くなってきます。

 

科学的な効果はわかりませんが、マッサージをすることで体がリラックスできることと、マッサージに集中することでいろいろ考えなくて済むので、頭もリラックスできることが大きいな要因ではないかと思っています。

 

特に覚えることもない手軽にできる方法なので、眠れないときには試してみてはいかがでしょうか。

 

 

[近況報告] 2015年3月 退職に向けて一歩前進?

 

2015年3月の近況報告です。

これから月初めに近況報告をしてきたいと思います。

思い立ったが吉日ということで、月中ですが一回目の報告です。

 

復職・退職

主治医のススメで復職のメリット・デメリットを書き出して点数をつけてみました。

その結果・・・圧倒的な大差でデメリットの勝ち。

 

なんとなくやる前から結果は分かっていたのですが、こうして数字でハッキリ示されると退職しか道は無さそうです。

 

この結果を受けて気持ちとしては退職にほぼ固まったので、退職後の活動に着手し始めました。 

退職後は転職することになると思うのですが、まだ「職種」をどうするか?と考えている段階なので、先は長そうです。。

 

今はR-CAPを受けてみたり、下記の本を読んで自己分析と転職の流れを把握中です。

 

転職の赤本

転職の赤本

 

  

「天職」がわかる心理学

「天職」がわかる心理学

 

  

絵本を読むと「天職」が見つかる

絵本を読むと「天職」が見つかる

 

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

 

 

うつ病

ほとんど症状も出ておらず、薬もレクサプロのみ。

夜もぐっすり眠れていますし、食欲も病気前と同じくらい。

唯一飲んでいる薬のレクサプロも少し減らしてみたりしてますが、問題なし。

 

日々の過ごした方

平日の午前中は外出。節約のため主にマクドナルド。 (図書館の学習室だと無料なんですが、近くの学習室はPC持ち込み禁止なので。。)

 外出中は転職関連の本を読んでいます。

 

午後は眠くなって集中力が無くなり、昼寝したり、ぼんやりしたり。。

午後も動けるようになるのが今後の課題。

 

【うつ病日記2】復職か退職か悩む日々。

 

休職して約1年。すっかり体調は良くなり、夜はぐっすり眠ることもでき、薬もレクサプロ1錠しか飲んでいないがうつ症状も出ていない。

 

まだ、体力が働けるような状態でないので少し猶予はあるが、病気で休職しているので体調が良くなり働けるような状態になったら復職しなければいけない。

 

復職以外の道は退職しかない。

 

復職か、退職かをこのところずっと考えているがまだ結論は出ていない。

 

そんな中、リワークという復職に向けた施設に通ってみたが、復職への話が進むに連れ体調が悪化。数日で中止してしまった。

 

また、今回の休職は2回目なので、「二度あることは三度ある」と言うように、復職しても再休職する可能性は高いと思う。

 

更に、会社が携わっている製品開発に意味を感じなくなってしまっている自分がいるので、復職してもやる気が低いことは間違いない。

 

付け加えておくと、仕事についても休職する前にやりきったという感覚はあった。

 

ここまで書いてみて我ながら思うのはもう退職しか無いと思うし、退職したほうが良い仕事ができそうだと思う。

 

退職を躊躇させているのは、安定した仕事を失う怖さと、転職の怖さだ。

 

安定した仕事を失うということは収入が激減する可能性があるということ。給食前も多くはないが、これ以上減ると子供を生んで育てることが出来るのかという不安が大きい。

 

転職の怖さは僕が環境に馴染むのに時間がかかることへの不安である。

こちらは復職しても部署異動になったりしても同じことだと考えると、転職への怖さは和らぐ。

 

転職をすると収入が減るのかは現状としては分からない。調べてみてもハッキリは分からないだろう。

ただ、子供を育てるなら、多少の貧乏よりも、おそらく精神が不安定な親の元で暮らすほうが悪影響だと実体験からもそう思う。

また、僕の親なども巻き込めば子供の一人や二人なら何とか育てられるとも思う。

 

こうやって文章にしながら考えてみると、稼ぐお金が減ったとしても、精神が安定するような環境で働くことこそが今選ぶ選択ではないだろうか。

 

不安をゼロにはできないだろうけど、調べて考えて余分な不安を小さくして退職、転職へ一歩踏み出して行きたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

何のためにブログを書くか。

 

約2年前にブログを始めた当初に下のような記事を書いた。


いまブログをはじめた理由 - 僕なりに考えて

 

あれから2年経ったが、この記事で33記事目。決して多い数ではない。

 

なぜこの2年間、あまり書けなかったかと考えてみると、ブログを書く動機付けが単純に低かったのだろうと思う。

 

2年前には”自分がどんな人間になりたいか”をテーマに書いてみようとしたが、今思うとその当時はどんな人間になりたいかを本気で考えていなかった。

その時はうつ病で休職をして、一刻も早く復職したかった、それだけを考えていたように思う。

 

今は2年前よりも自己理解は少しは深まっているとは思うが、やはり”自分がどんな人間になりたいか”だけがテーマでは書き続けることはできないように思う。

 

ブログを書きたいと思う気持ちは確かにあるのだが、その反対にブログを書いてどうなるかと思う気持ちもある。

こういう状態では、”自分の成長”だとか、”自分考えを世に伝える”、”オススメの商品を紹介する”、などとテーマを絞ってしまうと全く書けなくなってしまう。

 

となると、書きたい気持ちに素直に従って単純にテーマを決めずに書きたいことを書いていこうと思う。結論としてはそれだけである。

  

こういう様に、何を伝えたいのか自分でもはっきりしない気持ちをメモ・日記代わりに書いていこうと思う。

後は、”自分がどんな人間になりたいか”、”自分の考え”、なども書いていきたいし、”オススメの本・サービス・商品”、なども紹介していきたいと思う。

それ以外にも書きたいことが出てくるかもしれない。

 

”紹介料”や”広告費”は頂こうと思うが、”紹介料”や”広告費”を目的には書かないことだけはここで決めておこうと思う。

(”紹介料”や”広告費”を目的に書いても、稼ぐ力は自分に無いことは重々承知の上です。)

 

【うつ病日記2】最近の日々。

今日からまた日記を書いてみることにした。

タイトルは坂口恭平さんの「躁鬱日記2」を真似させてもらった。

 

今日は近くのパン屋さんのイートインスペースで本を読んだり、本を読んで気になったところをEvernoteに保存していたりしていた。

最近は一人でカフェ読書する時にはMacを持っていくようになったが、以前よりも本に集中できるようになった気がする。

Macでやることと言えば、タスク管理、Evernoteに気になった本の内容を保存、検索、ぐらいなのでiPhoneで十分できることばかりだが、どうも自分はPCが近くにないと落ち着かない質らしい。

 

話は変わるが、最近は小説や病気の本以外も読むようになった。

本は基本的には気になったものを読むのだが、自分のちっぽけな価値観を揺さぶってくれそうかどうかで本を選ぶようにしている。

この試みは成功して、本や他人の話を見聞きする度に、今の私は価値観が揺さぶられっぱなしである。

思い込みから自由になるために、価値観が揺さぶられるのを望んでいたのだが、価値観が揺さぶられっぱなしというのもやはりしんどい。

今後は自分の中に少し信念のような芯を作っていきたいと思っているが、この思いもまた揺らいでいる。

 

状況は以前と変わらず休職中の身分であるが、このように内面は大きく揺らいで日々一刻と変わっていく。

 

一冊一冊の書評はまた書きたいとは思うが、最後に近ごろ読んだ本の中で価値観が揺さぶられた本をメモ代わりに書いておく。

 

独立国家のつくりかた (講談社現代新書)

独立国家のつくりかた (講談社現代新書)

 

 

現実脱出論 (講談社現代新書)

現実脱出論 (講談社現代新書)

 

 

あしたから出版社 (就職しないで生きるには21)

あしたから出版社 (就職しないで生きるには21)

 

  

年収150万円で僕らは自由に生きていく (星海社新書)

年収150万円で僕らは自由に生きていく (星海社新書)

 

 

神山プロジェクト 未来の働き方を実験する

神山プロジェクト 未来の働き方を実験する

 

  

自分を知るための哲学入門 (ちくま学芸文庫)

自分を知るための哲学入門 (ちくま学芸文庫)

 

 

半農半Xという生き方【決定版】 (ちくま文庫)

半農半Xという生き方【決定版】 (ちくま文庫)

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりの更新

約3ヶ月ぶりの更新です。

 

ブログのことなどすっかり忘れていたのですが、今読んでいるこのブログをまとめた本が大変に面白く、ブログを書きたい欲がふつふつと湧いてきたので、勢いのままにえいやっと書いてしまおうといった次第でございます。

 

えいやっ!と飛び出すあの一瞬を愛してる 新装版

えいやっ!と飛び出すあの一瞬を愛してる 新装版

 

  

ブログがなぜ3ヶ月も滞ってしまったのか考えてみると、最初は日々思ったことについて日記を書くつもりのブログだったのですが、他の人のブログ記事を見るうちに何か役に立つものを書かねばという思いだけが先走り、書いては消し、書いては消し、としているうちに、書く気力も無くなり、そのうちブログの存在自体も忘れ、今日に至ったのであります。

 

まあ、言い訳はこのぐらいにしておいて初心にもどって、役に立とうが立たまいが、むしろ役に立たない日々の思いを書いていきたい所存でございます。

 

 

【うつ病日記】久しぶりに友人と遊んで思ったこと

先日、久しぶりに友人と遊んできました!

 友人と会うのは3ヶ月ぶり。

というよりも家族以外の他人と長時間会うのが数ヶ月ぶりでした・・・。

 

3ヶ月前に友人と会った時に・・・

3ヶ月前に友人と会った時は、途中までは楽しめていたのですが、夕方くらいから疲れて、ソワソワし、友人から見ても様子がおかしかったようです。

そして、帰りの電車では不安感、虚無感、自殺願望がどっと押し寄せてきました。

この状態は、家でゆっくりご飯を食べて、奥さんに話を聞いてもらって、お風呂に浸かると、自然と消えていきました。

ただ、他人と会うとあの帰りの電車の状態になってしまうと脳にインプットされてしまったようで、それから他人と会うのが怖くなってしまいました・・・。

 

他人と会うのが怖い日々

その日から先日の友達と遊んだ日までに、友人などと会う約束を少なくとも5回以上断ってきました。

当日になって強い不安感や身体が重い、下痢などの症状が現れる日もあれば、誘われた時から強い拒否反応があって断ることもありました。

 そして、他人には実の母親も含まれていたらしく、母親と会う約束をしていた日にまで調子が悪くなってしまいました・・・。

一緒に暮らしている奥さん以外と会うことが全くできなくなってしまっていました・・・。

 半年前まで毎日顔を合わせていた母親にまで会えなくなってしまったのが一番ショックでした・・・。

 

短い時間ながらも母親に会う。

特別な対策はしてなかったのですが、それから数週間後に

母親と会うことができました!

ほんの2時間にも満たない時間を一緒に過ごしただけでしたが、一緒に暮らしている奥さん以外の人と会えたことが大きな自信になりました。

なぜ会えたのかを後から振り返ってみると、下記の4つを満たしていたからだと思います。

  1. 1人で長時間外出しても問題ないことを確認できた。
  2. 奥さんと2人で長時間外出しても問題ないことを確認できた。
  3. 母親と会う当日の体調が整っていた。
  4. 当日までに母親と連絡を取り合っていた。

そして3ヶ月前に友人と会った時のことを考えてみると1、2については確認しておらず、そもそも長時間外出する体力が無かったのが大きかったように思います。

 

3ヶ月ぶりに友人と会う。

母親と会った数日後に友人と会うことになっていました。

母親と会う前は友人と会うことが不安だったのですが、母親と会ってからはたぶん大丈夫だろうという思いに変わりました。

それでも、友人と会う前日は疲れを溜めないようにし、連絡は自分にとっては多めに取り合うようにして、友人と会う当日に臨みました。

当日は少し体調が悪くなることを危惧していたのですが、病気になる前よりはもちろん元気はないのですが、特に問題なく友達と一緒に過ごして家に帰り着きました。

 

今回のことで思ったのはやっぱり今できることをやって、少しづつ自信をつけて、できることを増やすことが病気であってもなくても大事だということでした。あとは、失敗しても余り悩まずにまたチャレンジすることが大事だということも改めて感じました。

 

友人とお金を出し合って、最新版のマリオカートで遊んだのですが、面白かったです!自分1人だと下手すぎてクリアできる気がしませんが・・・。

マリオカート8

マリオカート8